ピックアップ記事

大垣市赤坂町の音響メーカー「FPS」がスピーカーの吸音材として開発したポリプロピレン製不織布「ナノファイバーシート」が、手作りマスクの素材になった。
出典元サイトで続きを読む

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事