ピックアップ記事

実はX-T3の段階で地味に凄かったのだが、ボディ内手振れ補正が付き、HD240fps(X-T3は120fpsまで)撮影ができて、バリアングル液晶モニターになり、 ...
出典元サイトで続きを読む

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事